- ​清水が丘の家 - 戸建住宅の改修  

家族の想いをつなぐ 戸建てリノベーション

東京郊外の静かな住宅街にある19坪小さな住宅。ここは、伯父、父、伯母が住んでいた思い出ある場所。

解体の話が上がった時にその思い出の場所がなくなると思った。既存の住まいを活かして思い出の時間を引継ぎ、

未来へとつなぐ再生・耐震リノベーション。

漆喰の壁、和紙の天井、杉板のフローリング、障子。障子から柔らかい光が居心地よい空間を演出してくれます。

木の玄関は閉じることなくほどよく開くこと。昼間はFIX窓から明かりを取入れ、夜は明かりが街に安心感を与える。

1階・2階ともワンルームのような空間構成の中に、和紙や漆喰などの自然素材をつかうことでそれぞれが調和され心

穏やかな住まいへと生まれ変わる。経年変化を暮らしの時間とともに味わいたいと思う。

・用  途:専用住宅
・構造規模:木造軸組工法 地上2階建て

・仕上げ材 : 外壁 : 既存のまま 内壁 : 漆喰 天井 : 和紙・杉 床材 : 杉(徳島杉) 
・竣 工 年 :2017年
・設計監理:アトリエムスタ設計室
・施工会社:株式会社守屋工務店

© 2019 ateliermusta. All Rights Reserved.