大工さん手刻み加工はすごい




工務店さんの大工さん。

新築住宅のときは、プレカット機加工ではなく大工さんが行う手刻み加工を取り入れています。

当日は、加工場に行かせていただき繊細な技術と加工の仕方、強度面総合して加工しています。

その技術は本当にすごいなと感動します。


では、プレカット加工と手刻み加工は何が違うの?


最も特徴的なのは、継手・仕口の形状です。大工さん手刻み加工の継手・仕口は、主にノコギリ

やノミを使って加工するので、仕上がりが直線的な形状になります。木の弾力性といった特性を

生かしながら接合の精度を高めています。

一方、プレカット機はルーターと呼ばれる回転刃で加工するため円弧(えんこ)状になります。

設定値の±0.5mm程度の範囲の誤差で加工可能といわれています。

加工・形状の違いが直線的か円弧状の違いとなります。

精度の違いはさほどないのでどちらを選んでも大きな違いはないと思います。

大工さん手加工は、継手・仕口が直線的であるため建方のときの材木同士の締まり具合は、しっ

かりしています。

この二種類の加工はありますが、弊社は一つ一つ丁寧に大工さんの技術を活かして手で作ること、それ

を共有できること、実感できること。それは住宅を作る上で大切だと思っています。

昔ながらの伝統工法でもあるように、人の力で一つ一つ作る過程はいいものですね。


19回の閲覧

© 2019 ateliermusta. All Rights Reserved.