施工事例に、屋根改修工事を追加しました。



築30年の家の屋根改修工事を無事に終えることが出来ました。

改修前の屋根材もちろん、下地材もかなりダメージを受けていました。元々は青色の屋根塗装も剥がれていて、経年劣化でここまでかわるんだなとびっくりしました。

約30年前のスレート屋根は、アスベストも含んでいることが多いので屋根改修工事をご検討の方は気をつけていただきたいと思います。

今回は下地材の補強と下葺材、防水関係の処理を丁寧に行い安心して暮らしていただける用になりました。仕上げは、竪葺き材にして雨が軒樋にスムーズに流れるようおススメをしました。屋根の色もゴールドに近い色。爽やかない外観となり、街の景観にも違和感ないのも安心です。


さらに棟換気(屋根の上)と軒下(庇の下)に換気口を設けて、屋根裏のこもった暖かい空気を外に流れるようにしました。少しでも熱が外に出ると、2階での生活も快適になると思います。


ただ屋根改修をするのではなく、少しでも少しの工夫で快適に暮らせることを考えることも大切に思っています。やってよかったと思えると嬉しいです。


屋根の改修時期はおおよそ15年から20年くらい。

なかなか屋根を見ることがないですが、築年数を振り返ってみてそろそろと思っている方がいましたら、ご気楽にご相談ください。


7月の屋根の上は、想像以上の暑さでした!



閲覧数:33回

最新記事

すべて表示